トップ > 生活習慣病の予防・治療

生活習慣病の予防・治療

こんな症状がある方は受診してください

  • 自宅で測定すると血圧が高い
  • 頭が痛い
  • 明らかに体重オーバーである
  • 健診・人間ドックで血圧が高い、血糖が高い、コレステロール値・中性脂肪値が高い、尿酸値が高いと言われた
  • 血縁者で糖尿病、高血圧の人がいる

生活習慣病とはその名の通り「食生活、運動、飲酒、喫煙、ストレス」などの日頃からの生活習慣が原因で発症、進行する病気の総称です。以前は成人病と呼ばれていましたが、生活習慣が大きく関わっていることが分かったため、生活習慣病と呼ばれるようになりました。生活習慣病には高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、肥満症などがあります。

メタボリック症候群は内臓脂肪型肥満+「高血圧、糖尿病、脂質異常症」の生活習慣病のうち2つ以上が重なった病気ですので、

「メタボリック症候群=生活習慣病」といえる、非常に危険な状態です。

生活習慣病が怖いのは、「自覚症状がないまま病状が進行していき、糖尿病と高血圧など、1つだけでなく2つ、3つと生活習慣病が重複して発症することが多い」ことです。

また、生活習慣病は「心臓病、脳卒中、大動脈の病気、腎臓病」などの大病のリスクが非常に高くなります。

生活習慣病は何よりも早期発見、早期治療が必要となりますので、健康診断や定期検査などを受ける事が何よりも大切です。

当クリニックでは

健診を受けそびれてしまったり、ご不安な方は相談しながら、いろいろな検査を行うことができます。

健診や人間ドックで生活習慣病を指摘された方は、まず受診して下さい。そこから第一歩を始めましょう。

すでに生活習慣病の治療をしておられる方は、コントロールを良好にして定期的に合併症の有無を検査していくようにします。