トップ > 消化器系の病気

消化器系の病気

こんな症状がある方は受診してください

  • お腹がしくしく痛い、きりきり痛い、激痛がある
  • 急に下痢、嘔吐した
  • 食欲が低下している、食べてもすぐお腹が一杯になる
  • 胃がもたれる、胸やけする、つかえ感がある、げっぷが多い
  • 便通異常、下痢が続く、便秘と下痢が繰り返し起こる、便秘が続く
  • 血便が出る、粘血便が出る
  • 黄疸がある、尿の色が濃い
  • 健診・ドックで胃や大腸の再検査や精密検査をすすめられた
  • 健診・ドックで胆のうや肝臓の再検査や精密検査をすすめられた
  • 血縁者で胃がん、大腸がんの人がいる

消化器系の病気には上記のような自覚症状があるものから、全くないものまであります。自覚症状がさほどでなくても、重大な病気がかくれている可能性もあります

また治療を受けてみると、他の人もこんなものだろう・・長年我慢していた症状がなくなり、より快適な生活が送れるようになることがあります。

当クリニックの治療方針について

急性胃腸炎のように感染に伴うもの、胃酸過多や胃酸の逆流に伴うもの、胃腸の動きがスムーズにいかないもの、腸に原因不明の炎症があるもの、脂肪肝、胆のうに石がある、肝炎など原因もさまざまです。お腹には臓器がたくさんあるので、まず問診で十分にお話を聞かせていただき、腹部の診察をしてお腹の硬さや胃腸の動きなどをみます。患者さんの状態に合わせて、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、内視鏡検査などを組み合わせて行い、診断・治療にあたります。わかりやすい説明としっかりした情報開示を心がけています。

「お腹の調子が良くないので、検査をしてもらい異常はなかった。でも調子は良くならない」「通勤途中で急な腹痛と下痢が続く」「胃酸を抑える薬をもらったがまだすっきりしない」などの症状は、西洋薬だけではなかなかコントロールができないこともあるので、そのような場合には漢方治療を併用すると改善することがあります。

漢方の処方についてはこちら